jacket of Mon't




Lizard

ゴージャスなコートはこだわりがいっぱい

長めのすそには贅沢に入れられた5本のフレアがエレガントな雰囲気をかもし出します。

DSC05938.JPGDSC06037.JPG

かわいいだけの時代はおわりました♪

DSC05921.JPG

トカゲ革のようなパターンが押された豪華な生地でつくられたコート。光の角度によってさまざまな表情を楽しめます。
前身ごろの腰位置にベルトを配置することで全体的にしまりのあるアクセントを演出し、襟には細かいピンタックをあしらうことで襟を立てたときの立体感と美しいシルエットをかもし出します。
そして、なによりも裾にいれられた5本のフレアがエレガントさをアピールしています。
地に着くぐらい長めにとられた裾は動きとともにきれいなシルエットを演出し道行く人の視線を釘付けにします。

冬待ち

寒くなるのが待ち遠しくなる一品

ファーのマントはちょっとだけエレガント

DSC04198.JPG

飾りじゃないのよフードは♪

DSC04166.JPG

骨をかたどったボタンをアクセントにファーでつくられたマントは見た目にも暖か。
モコモコした雰囲気はぬいぐるみのような雰囲気の中にもエレガントさを演出します。
フードをかぶるとまた違う表情を楽しめます。寒い日にしか着られないからこそ冬が楽しみになる一品です
ちなみに、この撮影は6月にしています・・・ちょっと暑かったかもしれません。
なかなか頑張りやのmontjiroです


mokomoko

見た目にも暖かなファーをどう着こなすかは気分次第

襟のファーを大きく見せて可愛く見せるもよし

DSC02693.JPG

少し襟を立てマフラーを少し添えて渋めにきめるもよし

DSC02710.JPG

大きめな襟と袖口、そしてすそにそって暖かなファーを彩りました。
見た目にも暖かそうなアウターは着方次第でいろいろな表情をかもし出します。
大きめな襟は寝せるとかわいらしく、そして立てることでダンディーな雰囲気を演出します。木のボタンをアクセントにするも、マフラーなどの小物で飾るのも楽しい一枚です

man't

マントのような一枚はマントより暖かくとても実用的

背中のリボンとすそのフリルをアクセントに

DSC03751.JPG
あたたかなハワイアンのような柄のアウター。すそにウェーブをあしらうことで後からみるとまるでマントかのような雰囲気を演出します。動きやすく襟元からも冷たい空気がはいらないため冬のお散歩にはもってこいの一枚。リードフォルダにつけたリボンがアクセントに。


gentleman

バーバリーチェックで英国紳士風に。

シンプルがゆえに着こなすには少し経験が必要です

DSC03331.JPG

マフラーをアクセントにお洒落度を少しあげてみました

DSC03458.JPG

同柄のハットは斜めに正統にまっすぐかぶるもよし、斜めにかぶるもよし

DSC03384.JPGDSC03531.JPG
マフラーをアクセントにお洒落度を少しあげてみました
少し派手目に感じてしまうバーバリーチェックの素材を細かい所までこだわって作り上げることで気品あるコートに仕立て上げました。
襟元と背中に配置した黒のベルト、そして、素材にあわせて選びぬいたボタンが全体に
絶妙なバランスをあたえています。
襟をたて、マフラーを巻く姿はまさに英国紳士のよう。そして、同柄のハットを目深にかぶってたたずむ姿はまるでモノクロ映画の主役のように映るのでは。

camoufrage

デザインを極めた迷彩服で入隊しました。

入隊(初めての匍匐前進)

DSC01907.JPG

入隊して半年がたちました(匍匐前進も少しだけ上手になりました)

DSC01950.JPG

空軍に異動になりました。(折角、匍匐前進が上手になったのに)

DSC02010.JPGDSC02024.JPG
随所にバランスよく配置されたメタリックな☆が絶妙なアクセントになっています。デザイン性だけでなく、実用性を備え、前に2つ、背中に2つ、それぞれの袖口にもポケットを配置しています。特に袖口のポケットは非常食をストックするだけでなくデザイン性も秀逸。
本格的な迷彩服の雰囲気をそのままに最高のデザイン性を備えました。

Pirate × Pirate

髑髏を2つの形でかわいくあしらいました

pirate for casual

DSC00895.JPG

Pirate for partyDSC01608.JPG
海賊だってカジュアル用のドクロ着とパーティー用のドクロ着を使い分ける時代です。

肩にアクセントをつけたカジュアルユースのドクロ、そして襟元にシルバーのスカルをつけベルトをつけたパーティー用のドクロ。かわいらしいどくろマークを着こなすちっちゃい海賊は海賊王よりお洒落で、ジャックスパロウよりも粋です。きっと・・・

shiro kuro

もこもこのフードつきケープの着こなしが楽しい

DSC09979.JPG

かわいらいしいフードはかぶってみると意外な一面が

冬らしいあったかいモコモコの素材でつくったフードつきケープとコートのセット。
ボタンがアクセントにしたケープはまるで中世の騎士のマントかのよう。しかもフードをかぶることでまで弁慶かのような井出達に早がわり。まあ、防災頭巾にも見えてしまったりするときもあったり、暴れまわったあとは「よだれかけ」みたくなってしまったりも。。。
どんまい・・

shiro parker

オフホワイトと黒のコントラストがまるでパンダのような愛らしい一着

DSC09599.JPG

雪の中を駆け回るかのような白いパーカー

襟と背中のベルトとボタンがアクセントになったウィンターファッションらしい白のパーカー。しっかりしたフードはそのままでも立体感を保ち、立ち上がってもしっかりその存在感をアピールします。もちろんかぶってもよし

denim jacket

丈夫なだけではないデニムの芸術

正確なステッチについ見とれてしまう一品

DSC07626.JPG正確に打たれたステッチに隅々まで丁寧につくりあげられたGジャンは開拓時代に活躍したデニムというよりも、ヨーロッパで流行った高級デニムジャケットの風格そのもの。それをあえてワイルドに着なす様はまるで映画の世界のよう。グラデーションの粗い網紐をアクセントにさらにワイルドさとお洒落さが増します。

この紐、実はおもちゃにしちゃったりします・・・


trench coat

本格的なつくりのトレンチコート

どこからみても英国紳士の一着

CIMG0582.JPGケープバックにエポレットにベルト・・・と細部までにこだわり本格的に作ったトレンチコートはどこから見ても英国紳士。アクセントになっているボタンが更に高級感を漂わせ、首元につくられたリードフォルダが散歩中でもその洗練されたスタイルを維持します。
時にシャーロックホームズと間違えられ、襟を立てて歩く後ろ姿に「流離ってる(さすらってる)」といわれ・・・哀愁漂うハードボイルドな雰囲気で満載です。


英国紳士だって散歩中おしっこしますし、シャーロックホームズではないので、足元の餌を見つけられませんが、なにか?


food coat

繊細なこだわりの集大成

カジュアルなのに崩しすぎない絶妙なバランス

CIMG0090.JPGデザイン性だけでなく実用性も備えたフードのついたコート。
襟を立てて散歩しても型がくずれないようにした首元のリードフォルダや、ベルト部分に織目の方向を違うベルトをつけたり等、随所に見られるこだわりが、一色の無地の素材からつくられたとは思えない一着に仕立て上げています。

周りの視線をそらすためにフードをかぶるのはやめましょう。もれなく注目の的になりますよ


riders +2009

大人なカジュアルの醍醐味をレザージャケットにこめて

アウトローにも紳士にも見える一着

CIMG0183.JPGレザー素材でつくりあげたライダースジャケット。サングラスとともにワイルドに見せるのも、すこし紳士っぽく見せるのも、マフラーをまとい仮面ライダー風にアレンジするのも着こなし次第。気品をそなえているからこそできるチョイ悪ファッションです。


強がってみせても尻尾はまるまりです。やっぱり変身はできないみたい


outer_cha

秋を感じさせる一着

冬の訪れまでのわずかな一時、そこにこだわりを

DSC06285.JPG季節の変わり目の短い時間をどうすごすか?そこにお洒落の本質かあると考えます。その短い期間は一年で一番自然のとコーディネートを楽しめる貴重な季節です。紅葉の赤や黄色には濃い目の茶色がとても栄えます。
肩のベルトとボタンがキリッとした雰囲気をつくります。大き目のボタンが合計6個もついていますが、上品さを決して失わないバランスは絶妙です。

ちなみに、好物は枯葉! とてもよい季節です♪


LinkIcon前のページ へ