specialite of Mon't




santa de mont 

みんなを幸せな気持ちにさせる聖夜のために
DSC08190.JPGDSC08185.JPGDSC08252.JPGDSC08130.JPG

手編みでつくられた身も心も温まる一枚はみんなを笑顔にします。

何度となくほどいては編みなおして仕上げたサンタ衣装は見ているほうも着ている方も笑顔にさせてくれる優しい作品になりました。
赤と白の定番カラーをベースに、正確に編み上げられた市松模様がお洒落度をあげる一枚。サンタ帽は深くかぶってもきれいに収まるように耳をだせるようにデザインしました。


寿袴 辰 

本寸法で仕立てた袴が2012年のはじまりを彩ります
DSC03024.JPGDSC03109.JPG

実用性をまったく考慮しないでつくった袴は贅沢すぎる作り手のこだわりが凝縮されています。

素材にこだわり、本格的に作り上げられた袴はえもいわれぬ貫禄をかもし出すだけでなく、そのまま手にとって眺めていたくなる最高の作品に仕上がりました。
腰板から襞(ひだ)にかかるシルエットは決して呉服屋で仕立てた袴に見劣りをしないぐらいの出来上がりに。
袴を着付ける際も袴止めをして、腰板をずらさないようにして・・・と手順と技術が必要。保管する際も仕付け糸で襞を整え保管をするという最高級の一品です。




Leather Coat ver.f 

DSC02826.JPGDSC03013.JPG

シンプルな白のロングコートは犬のシルエットの美しさを更に極めた一着です

真っ白なレザーをロングコートに仕立てました。黒のレザーコート(ver.d)から、更にシルエットに対してのこだわりを実現しました。
シンプルなロングコートですが、台襟の高さ、センターベンツから覗かせる裏地、リードフォルダ、さらにはリードフォルダを囲むステッチ、控えめなアクセントとして選んだ燻し金のボタンとこだわりが随所にちりばめられている一着です。
ver.dより厚手の素材は、襟を犬独特の首の長さとバランスを絶妙なバランスでアレンジすることもでき、いままでとは違う雰囲気を味わえます。
ボタンをはずして少しワイルドに。ウールのマフラーとあわせることで優しい紳士風に、ストールをネクタイ風に結んでイタリア風のお洒落に、そして目立ちすぎてしまう場合は、帽子やサングラスをあわせることで、人目を避ける有名人かのようにも演出できます。ただし、どの格好でも不思議と目立ってしまいますが・・・
シンプルなデザインがゆえに手抜きのできない最高の一枚です


Leather Coat ver.d

DSC01535.JPGDSC01584.JPG

構想1年、製作半年の大作

上質なレザーを使用したロングコート。長めのセンターベンツが美しいシルエットと上品な印象を与えます。柄のある生地を裏地に用いることで、颯爽と歩く後姿に優雅だけでないお洒落を演出します。
シンプルなデザインを極限までにこだわって作った一品。
ただじっくりと見て頂きたい一品です。

Mon

DSC09456.JPG

略式の正装とされる一ツ紋。その気品と粋の絶妙なバランスが

重厚感のある上品な黒の生地に、さりげなく覗かせるゴールドの襦袢と重ね襟のコントラストが上品さを演出します。また縮緬でつくられた背紋の”紋”の一文字がさらに気品あふれる印象を与えます。

帯・・・ネクタイを使用。襦袢・・・スーツ用の裏地を使用。背紋・・・縮緬を鋏にて裁断。尚、2011年元旦、最終仕上げ作業を行った一品

LinkIcon前のページ へ

LinkIcon一覧へ