wardrobe of Mon't




LinkIcon☆Specialite詳細 それぞれの作品の詳細画像が満載。アイコンをクリックして是非ご覧ください。

DSC08190.JPG【santa de mont】だれもが笑顔になる夜のために手編みでつくられた一枚.
DSC03087.JPG【寿袴 辰】本格的に作られた豪奢な袴が2012年の始まりを彩ります
DSC02906.JPG【leather coat ver.f】真っ白なレザーコート。シンプルなのにこだわりがつめこめられた一枚
DSC01574.JPG【Leather coat ver.d】上質なレザーで仕立てたロングコート
DSC09456.JPG【Mon】一ツ紋。最高級の一品

DSC05370.JPG【散桜】華やかな文様を使い、今までにない優雅な甚平を作り上げました
DSC05351.JPG【魚魚魚】魚へんを集めた生地を華やかな着物に変身させました。
DSC04864.JPG【千鳥】可愛い柄を大人っぽく着こなしたい一枚。帯に飾られた千鳥の細工は一見の価値があります。
DSC04950.JPG【桜川】華やかな桜の模様の着物生地をシンプルな帯で上品にまとめました
DSC04395.JPG【春風】春風のような優しい一枚。正絹と帯地を使った贅沢であり上品な一枚
DSC03650.JPG【華福花】濃茶に金糸で彩られた花の文様と福の文字を絶妙な配置で裁断
DSC02519.JPG【道草】茶のラインのはいったシンプルな着物にスエード地の道中着をあわせてみました
DSC02170.JPG【和華】着物生地でつくったチャイナ服。和の上品さとチャイナの華さを融合させました。
DSC02242.JPG【月花】大胆な白と黒の縞に黒地に「月」と「花」の文字。粋でありながらも重厚感たっぷりの一着
DSC02119.JPG【no-tongue】光沢のあるライトグレとダークグレーの濃淡でできたパーティー用着物。
DSC01767.JPG【絽】夏はやっぱり絽という粋な人のために。
DSC01722.JPG【うちわちわわ】涼しげにかわいいうちわを背中に刺繍。うちのちわわがうちわをしょって。
DSC01312.JPG【jinbey-aloha】和柄の甚平を少しだけアロハっぽくアレンジしてみました。
DSC01086.JPG【青海波】シンプルを最大限に表現した最近に気品のある一枚
DSC00689.JPG【sa-ya】独自の黄金比で作り上げられた一枚。今までの集大成
DSC00846.JPG【shiroi】シンプルな柄を計算しつくした裁断でモダンに演出。夏に最適な一枚
DSC00411.JPG【青二彩 shima】1枚の生地から二種類の着物を仕立て上げました。こちらは縞
DSC00376.JPG【青二彩 ko-shi】1枚の生地から二種類の着物を仕立て上げました。こちらは格子柄
DSC00090.JPG【いろはにほへと】大胆にあしらわれた「いろはにぼへと」帯にもこだわりを
DSC09956.JPG【kimon】大胆に彩られた反物で作られたシックでお洒落な一枚。
CIMG3304.JPG【kinagshi】あえて袖は無地の部分をあつらえ背中に大輪の花を咲かせた姿は粋そのもの。
DSC08257.JPG【u-kata】大きめな帯でたまにはかわいらしく演出。やんちゃをしてもさまになり一着。でも、広い食いはやめましょう
DSC08136.JPG【danna】藍染の反物と落着いたこげ茶の帯で仕立てられた一着。貫禄十分、もう、かわいいというよりは言わせません。それでも落ちているものは食べますが・・・
DSC07892.JPG【china party】宮廷にお呼ばれしても困らない一着。組紐と豪華な生地でどこから見ても高貴さいっぱい?
CIMG1930.JPG【jinbei_ai】上品な藍と明るめの茶をアクセントに、一流料亭の板前さんかのような一着。
DSC07237.JPG【china】本格的な中国刺繍のある生地でつくられた中国貴族かのような一着
DSC05943.JPG【aizome】藍染めの生地をシャツ風にアレンジ。日本の夏祭りにはこの一着
CIMG1973.JPG【koi-koi】鯉の乱れ模様の生地でつくったアロハ風のシャツ。襟・袖に柄の「鯉」と同色のアクセントで縁取ることで全体を引き締めます
DSC05278.JPG【jinbeisan-shima】同系色の結び紐と重ね襟でアクセントをつけ、さらに梯子かがリをすることで、伝統的とモダンをコラボレーションさせた甚平さん
DSC04175.JPG【Ryuu】白地に迫力の龍が舞う。龍の柄をシックにまとめてみました。前あわせには白の刺繍でさりげないおしゃれを
DSC03293.JPG【karakusa】 日本人の琴線に触れる唐草模様。老若男女問わず振り返り微笑みを返してくれる一着です。
DSC03204.JPG【teyandei】 粋な腹かけとバンダナをおそろいで。江戸っ子の心意気を深紅の裏地にこめて・・・・・・        .  
DSC03801.JPG【jinbei_kaeru】 夏の休日にはやはり甚平。とても着やすく、涼しいので、着るだけで走り回りたくなります。

LinkIcon☆詳細ページへ それぞれの作品の詳細画像が満載。アイコンをクリックして是非ご覧ください。

DSC06162.JPG【hat】 シンプルな帽子はかぶるだけで男子力があがります
DSC07862.JPG【mofmof】 羊にもクマにも見えるモフモフの帽子は可愛さ満載です
IMG_0115.JPG【Bee cap】 ニットの帽子は暖かいだけでなく可愛さも満載
DSC07732.JPG【leather cap】 豪華な本革の帽子はかぶらせる人の腕を試されます。挑戦してみてくださいね
DSC07223.JPG【ベレー】 かぶるだけでアーティストの気分を味わえる一品
DSC06130.JPG【halloween】 10月末にしかかぶれないのにインパクト大のアイテム
DSC04465.JPG【military_cap】 目深にかぶると前は見えません。でも目よりも鼻の方が効くからいいんです
DSC04242.JPG【panamana】 パナマハット風の帽子は大人の休日を満喫するには最適です
DSC04235.JPG【white_hat】 ブリムの狭い真っ白なハットは清楚な雰囲気満載
DSC03383.JPG【burberry hat】 思いっきり洒落っ気を出して被りたい一品。キザなぐらいが調度いいかも。
DSC03505.JPG【ten-gallon hat】 アレンジ自在のテンガロンハットは意外にも可愛いく着こなせます
CIMG1528.JPG【checker_hat】 耳まですっぽり入るハットはまるで手品師のよう。鳩もりんごも出てきませんけどね
DSC07705.JPG【denim-hat】denim-jacketとおそろいで。組みひもがアクセントに。あご紐を上に結ぶことでテンガロンハットに
CIMG1346.JPG【over-all】 mon't初のパンツ。ステッチをアクセントにしたオーバーオール。しゃがんだ時の膝の動きにくさまで本格的

LinkIcon☆詳細ページへ それぞれの作品の詳細画像が満載。アイコンをクリックして是非ご覧ください。

DSC06013.JPG【Lizard】豪華なコートの随所にはエレガントさを魅了するこだわりがたくさんつまっています。
DSC04173.JPG【fuwafuwa】ファーでできたマントはまるでぬいぐるみのよう
DSC02710.JPG【mokomoko】ボアでアクセントをつけたコートで可愛く着こなすも渋く着こなすもよし
DSC03751.JPG【Man't】裾のウェーブ加工がマントかのように見える暖かい一枚
DSC03478.JPG【gentleman】英国紳士風なコートで気品のある最高のお洒落を
DSC01985.JPG【camouflage】デザインを極めた迷彩服が誕生しました。心の平和のために。
DSC01608.JPG【pirates×pirates】海賊のトレードマークの髑髏をかわいく、スタイリッシュに
DSC09989.JPG【shiro kuro】もこもこの白いケープと黒のコントラストが目にも鮮やかな一着
CIMG3169.JPG【shiro parker】まるでパンダをおもわせるかのような白と黒のパーカー。立体的なフードはかぶってもなかなか
DSC07642.JPG【denim-jacket】本格的なGジャンを編み紐をつかってアレンジ。今からさすらいの旅に旅立つガンマンのよう
CIMG0687.JPG【trench coat】 英国紳士風なトレンチコートで、シャーロックホームズ気取りで餌を探そう
CIMG0009.JPG【ridersf】着方しだいで表情が変わる一着。トラッドに着こなすか、ちょいワルワンコになるかは気分次第
CIMG0026.JPG【food_coat】フードつきのコートで寒い冬でも大丈夫
DSC06296.JPG【outer_cha】シックにクールに秋口には是非着たい一着。

DSC06625.JPG【denim vest ver2】デニムで作ったベスト。正確に描かれたステッチは必見です
DSC05832.JPG【leather vest】 厚手のレザーで作り上げたベストはシンプルな分だけいろいな着こなしが楽しめます。
DSC05696.JPG【trad vest】胸ポケットに同系色のボタンにベルトとこだわりがたくさんつまった一枚。
DSC09725.JPG【owl vest】 一見、カントリー風なベストは意外にもフォーマルな雰囲気さえある不思議な一着。絶妙なボタンの配置とステッチが完璧なシルエットを作りだした一着
CIMG2658.JPG【burcheck vest】裏側を見てほしくなるぐらい丁寧に作られたバーバリーチェックのベストはインナー次第で七変化
DSC09254.JPG【one hundred vest】100円の素材でつくったベストはプライスレス
DSC04003.JPG【vest】ゴールドの裏地を使ったベスト。袖を通すときっと犬であることを忘れます
CIMG2930.JPG【denim vest】丹精こめてつくられたステッチつきのベストはオフの一日に
CIMG0252.JPG【leather vest】 インナーを軽くしてちょっとだけカジュアルに
DSC06348.JPG【happy vest】リバーシブルのベスト。シックなこげ茶の反対は・・・。江戸の粋を今によみがえらせる一着

LinkIcon☆詳細ページへ それぞれの作品の詳細画像が満載。アイコンをクリックして是非ご覧ください。

DSC06979.JPG【4years old shirts】4歳の誕生日に作られた一枚。身も心も温まるシャツは襟にもおしゃれが
DSC05576.JPG【black_ 】黒のグラフチェックに白のカラーで作り上げた一枚。オンでもオフでも楽しめる一着
IMG_1739.JPG【blue_ 】シンプルなブルーの素材を随所にアクセントとこだわりをちりばめてつくりあげた一枚。
DSC04463.JPG【panda 】細かいドット柄に麻のような素材のストライプのシャツ。見た目にも着た感じもとても涼しい一枚。
DSC09092.JPG【brawn& brawn 】立体感のある素材でつくられたシャツはちょっと大きめな襟がポイント
DSC09206.JPG【kaku & pochi】襟と背中に燻し金の金具をアクセントに。どこまでボタンをあけるかで着こなしが変わる一着
DSC08893.JPG【one wait】一度しか着られない市松模様のドレスシャツは、唸るほどのこだわり。
DSC08492.JPG【ブラックぶらっく】光沢のある黒とマットなクロのストライプシャツ。フォーマルなパーティーに最適な一着
DSC07823.JPG【owl-down】ちょっと襟の高めのボタンダウン。ふくろうをモチーフにしたボタンでシックなデザインの中に遊びを入れてみました
CIMG1206.JPG【marin-shima】襟と袖口、前身ごろ、そしてリードフォルダに青と白のストライプを配した爽やか過ぎる一着
CIMG1107.JPG【rame-shirts】銀のラメの入ったストライプのドレスシャツ。ビジネスにもパーティーにも
DSC07453.JPG【eyes down】大きな目のようなボタンをアクセントにしたボタンダウンは以外にもエレガント。
DSC04973.JPG【erishima】襟と袖の縁を水色のストライプであしらったおしゃれでさわやかな一着。
DSC04839.JPG【eri-tatsu】  大きめなスタンドカラーにベルトループを配しました。シンプルな中にも
DSC04562.JPG【shiro-shirts】  シンプルなシャツに蝶ネクタイ、ポケットチーフでトラディッショナルに
DSC03278.JPG【shima】  カジュアルにもビジネスにも使える一着。インナーにもアウターにも
DSC03703.JPG【checker shirts】  どとこなく80年代を思わせる一着 襟は黒の開襟襟。 首輪とセットで

LinkIcon☆詳細ページへ それぞれの作品の詳細画像が満載。アイコンをクリックして是非ご覧ください。

DSC03599.JPG【Louis vuitton】シックに豪華なゴールド生地にはLouis vuittonのロゴ。袖に LOUIS のワンポイント。
DSC03614.JPG【COACH】デニムのフロックコート風の上着に、ケープで英国紳士風に。
DSC04912.JPG【HUNTING WORLD】鋭敏にそして華麗に獲物を追う愛犬のために
DSC06732.JPG【HUNTING WORLD】クールにそしてダンディーに

DSC03571.JPG【Fu-jin】 どことなく力強さを感じる風神雷神のノーカラーシャツ。おそろいの首輪で、上方の棟梁のような貫禄を。
DSC03897.JPG【checker_no_sleave】 人気のチェッカーのノーカラー・ノースリーブ。背中のアクセントで、目が回るのを防止

DSC07998.JPG【shonen】 mon'tでは珍しいかわいらしいシリーズ。パッチワークのようにつくった飛行機のアップリケがかわいらしさを引き立てます。夏の散歩にはもってこい
DSC08033.JPG【sho-jo】 おちついた和柄にフリルをつけてみました。 見慣れている飼い主にとっては違和感ありますが・・・いかが?